皆様こんにちは。

本日のブログ担当は、今年もギリギリに母の日のプレゼントを発送して、ほっと胸をなでおろした私K子でございます。

 

今日の中標津のお天気は曇り、予想最高気温20度ほどとなっていて気温は高めです。

お日様の眩しさもなく、ドライブには絶好の日よりと思いますが、この後風が強くなる予報が出ていますので、お出かけには注意が必要です。

 

さて、話は変わりまして今月近郊で催されるイベントですが、今回は2つほどご紹介します。

まずは「あっけし桜・牡蠣まつり」から。

期間は5月12日から20日までと、すでに始まっています。

子野日公園を会場とし、日曜日にはステージイベントも行われるとか。

桜を見ながら、会場で購入した牡蠣やアサリを食べる大お花見大会のようなイベントで、火起こし済みの焼台(小800円・大1300円)も借りられ、木炭&シートも購入可能という事で、思い立って手ぶらで行っても大丈夫!という嬉しさです。

12万平方メートルの敷地に1200本余りの桜が花を咲かせるという桜の名所で、花と魚介を思う存分楽しんでみてはいかがでしょう?

 

2つ目は「釧路町桜まつり」です。

全国的にはあまり知られていないそうですが、「釧路」には「釧路」と「釧路」があり、このイベントは「釧路」での開催です。

開催日は5月20日、場所は釧路町別保公園です。

こちらは桜の数は300本と少し少な目かも知れませんが、「日本一遅い桜」を楽しむイベントとして「今年の桜、見逃した!」という人に、救いの手を差し伸べてくれます。(笑)

郷土芸能「釧路昆布森たこ踊り」などの催し物もあるそうで・・・一体どんな踊りなのか見てみたいと思いませんか?

もちろん出店もありますし、地元の名物や特産品・地場産の新鮮野菜なども売られる予定なので、こちらも「桜を見ながら舌鼓!」で楽しめそうです。

 

どちらも綺麗で楽しいイベントになりそうで、ワクワクしますね。

ただ気になるのは、今年の花が「早く・一気に」咲いてしまう事。

せっかくのイベントが「花という主役」に立ち去られた後、という事態にならないことを願います。