皆様こんばんは。

本日のブログ担当は、昨日に引き続きK子でございます。

本日の出勤途中東の空に鮮やかな虹が見えまして、なぜだか嬉しくとても幸せな気持ちになりました。

 

その前にもその後にも中標津では雨が降り、安定しないお天気でしたが今日のお月さまは見えるでしょうか?

そう、タイトルの通り今日は「中秋の名月」十五夜でございます。

しかしながら数日前の月を見た限りではまだ満月には日数があるような気が致しましたので、私先程調べてみました。

そうしましたら、「十五夜」とは旧暦8月15日のことで必ずしも満月ではないのだそうです。

ちなみに今年は2日遅れの10月6日が満月だそうですが、それでもこの時期の月は満月ではなくてもとても美しいので、お住いの所が晴れていましたらぜひゆっくり月を眺めて、遠く夜空に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

と、このように書いてまいりましたがやはり私は「花より団子」「月より団子」「芸術の秋・スポーツの秋・読書の秋よりも断然食欲の秋!」でございまして、今日の十五夜を知ったのもお店のお月見団子でという有様でございます。

そして本日のホテルモアン・フロントスタッフルームでは、母体となっております「湯宿だいいち」からお大福の差し入れがありまして、お月見のお団子代わりに積み上げてみました。

いかがでしょうか?

こちらのお大福は「湯宿だいいち」で毎朝つきたてをご宿泊のお客様にお渡ししておりまして、甘すぎず美味しいので皆様に喜んでいただいております。

中標津で特別な時間をお過ごしになりたい方は、是非「湯宿だいいち」を宜しくお願い致します。

また、中心街近くで少しリーズナブルに心地よい滞在をとお考えの場合は、ホテルモアンをお選びいただければ幸いでございます。

 

 

と、先程見てみましたらお月さまがニッコリと。

空が広いのであまり大きくは見えませんが、綺麗なお月さまでございます。

皆様の所でも見えると良いですね。