皆様こんばんは。

本日のブログ担当は、久々の登場となります私K子でございます。

いつも通りの文字ブログではございますが、しばしのお付き合いを頂きたいと思います。

 

本日11月15日は七五三でしたね。

昔は「3歳までは神様からの預かりもの」と言って大切に育てたという話がございますが、これは幼いうちに亡くなる子供が多かったことも理由の一つなのだそうです。

そのため、亡くなる心配が少なくなる3歳からお祝いをしたと聞いたことがございます。

この七五三ですが、男の子は3歳と5歳・女の子は3歳と7歳というのは良く知られておりますが、これにも諸説あるようで女の子が3歳と7歳・男の子が5歳(3歳にも行うこともある)という地方もあるようでございます。

ではその年に行っていた儀式はご存知でしょうか?(実は私も知らなかったので調べたのですが)

3歳では髪を伸ばし始める「髪直」(髪置きとも)・5歳では初めて袴をつける「袴着」(袴儀とも)・7歳では大人と同じ本仕立ての着物を着る「帯解き」(紐落とも)といった儀式をしていたそうでございます。

また、3歳では言葉を・5歳では知恵を・7歳では歯をそれぞれ神様から授かると言われ、そのことに感謝する儀式であるとする説もあるそうですね。

さて、そんな七五三ですが現代では3歳より前に亡くなる子供さんも少なくなり、昔のように幼いころ髪を剃ったりすることもなく普段着は洋服となりましたから、袴をつけたり大人仕立ての着物を着ると言ってもあまりイメージは湧きません。

せれでも子供の日やひな祭りのように、今でも大切に守られているのは大変うれしい事と思います。

町中で着飾った親子の姿を見るのもこの時期の楽しみでございますし、いつまでも残ってほしい伝統行事と思っております。

 

さあそんな今日の当ホテルですが、満室となっております。(もちろん七五三とは何の関係もございませんが・・・)

そして本日お泊りのお客様の中には以前お泊り頂いた方も何名様かいらっしゃって、ありがたくも嬉しい事と感謝いたしております。

これからも皆様に愛され何度でも泊まりたいと思っていただけるホテルになるよう、従業員一同日々精進して参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

余談ではございますが、先日こちらでもご紹介いたしました「中標津エゾシカホエーカツ」が、来週木曜日までの販売となっており私まだ食べられておりませんので少々焦っております。

鹿肉をホエーに漬け込んで臭み取りをするのは割とスタンダードな方法のようで、先日ニュージーランド在住の方のブログでもそのようにして調理するのだと書いてありました。

それを読みましたものでさらに食べたくなってしまったのですが、毎日各店舗5食限定の為なかなか食べられないようですね。

是非食べてみたいものですが果たして頂くことが出来るでしょうか?もしも頂けましたらこちらで食レポなどしてみたいと思います。