皆様こんにちは。

本日のブログ担当も、私K子でございます。

 

今朝の冷え込みは昨日よりもさらに厳しく、中標津のアメダス実況も桜ケ丘では-18.7℃・空港では-21.5℃を記録していました。

あまりの寒さに屋外の金属部分に触れると手が貼り付きそうなほどでしたが、その分樹氷などの自然の美しさに触れることが出来ました。

これからの厳寒期の楽しみの一つですね。

 

さて、今日の話題は「ご当地ナンバープレート 交付・交換開始‼」というものです。

ずいぶん前から各地で「ご当地ナンバープレート」が交付されていたり、「東京オリンピック特別仕様ナンバープレート」等もあり話題になったりしていましたよね?

そんなちょっと特別なナンバープレートが、とうとう中標津にも出来るそうです!

交付・交換は役場1階税務課窓口で、1月7日(月)以降平日の8時30分から17時15分までの間に受付してくれます。

開陽台から眺める地平線と夏まつりの提灯をイメージし、大変中標津らしいデザインとなっています。

また、縁取りの色が50㏄以下は白・50㏄超90㏄以下は薄い黄色・90㏄超125㏄以下は薄い桃色と3色あり、どれも明るいイメージに仕上がっているのではないでしょうか。

こちらの「ご当地ナンバープレート」についての詳しい事は、役場課税課 住民税係までお問い合わせ下さい。

来年このナンバープレートを町中で見られるのを、今から楽しみにしています。(自分では換えないつもりの人)