皆様こんにちは。

本日のブログ担当は、昨日に引き続き私K子でございます。

 

昨日「冬まつりの雪像作りが存続の危機」と言われていると書きましたが、帰りにちょと寄り道をして会場を見てきましたら、どこから集めたのかたくさんの雪があり雪像の基礎が築かれていました。

危機を回避したことに安堵しつつ今年はどんな雪像が出来上がるのか、今からワクワクしています。

 

さてそんな中標津の冬まつりですが、今年は2月3日(土)4日(日)に開催されます。

そして実はこの冬まつり、地元の人でさえつい「雪まつり」と言ってしまうことがあります。

札幌の雪まつりが有名なのとメイン(?)が雪像なのが原因ではないかと思うのですが、「雪上ソフトバレー」「滑り台タイムトライアル」「花火大会」「雪上ドッヂビー」など、他にもたくさんのイベントが開催されますのでそちらも楽しみですね。

また、夏祭りでは名前を入れた紅白の縦縞の提灯が飾られていましたが、冬まつりでは雪ダルマ型の提灯が飾られこちらもまた冬らしくて可愛いです。

沢山のみなさまに来ていただき、ゆっくりと花火大会も楽しんでいただきたいと思います。

そこで当日の当館の空室状況ですが・・・まだまだ空きがございますので、お問い合わせ頂ければと思います。

 

おまけ

ネットで見つけました。

「第1回なかしべつ冬まつり」の写真。

今年は第43回だそうですから随分と昔ですね。

門に書かれている「チビッココーナー」や「たこあげ大会」の文字が時代を感じさせます。