皆様こんにちは。

本日のブログ担当は、私K子でございます。

 

今日は大変風が強くなっております。

先程「工事用のコーンが風に飛ばされていた」と、隣のコンビニの方が知らせて下さいました。

飛ばされたコーンを直しながら、昔「風は何処からどこまでなんだろう?」と考えたことを思い出しました。

風というのは目に見えなくても確かに感じられますが、このあたりで風が吹いているとか今風が吹いたとわかっても、始まりと終わりはわからないですよね。

時間を感じるのとどこか似ているように思えて、とても不思議だったことを覚えています。

絵に描くことはできても、確かにここから始まってここまでで終わるとは言えない、吹き過ぎる風の始まりと終わりは感じられてもその風の全体はつかめない。

う~ん、今考えても混乱して何が何だか分からなくなりそうです。

もう少しうまく表現できればいいのですが・・・まだまだ修行が必要のようですね。