皆様おはようございます。

本日のブログ担当は、私K子でございます。

年末からずっと「だいいち」勤務が続き、久しぶりの「モアン」です。

久しぶりにこちらに来ましたら松の内も過ぎ、ご挨拶が寒中お見舞いになっていました。

本当に月日の経つのは早いものです。

 

さてそんな寒の内ですが、先日オホーツク海に流氷を確認したと思ったばかりなのに、今日の中標津は雪ではなく雨が降っております。

近年気温の上下が激しいような気がすると、数日前にどなたかと話した記憶がありますが、昨夜の‐10度程から今日は一気に日中ほぼプラスの予報で、気温の変化について行くのが大変です。

少しでも体調の変化に気付いたら早めに休養を取って、いつも元気にお客様をお迎え出来るようにしておきたいですね。

 

ところで私「だいいち」勤務の間、日の出頃に自宅を出発することが多かったのですが、自宅を出てちょうど牧草地(今は雪に埋もれて一面真っ白です)辺りを通るころ後方の空に太陽が昇ります。

その時寒いと空気が澄んで朝焼けがとても綺麗ですし、前方では朝日に照らされて桃色に染まる木々や山々もとても美しいです。

また、樹氷やダイヤモンドダスト(私もまだ見たことがありませんが)等、極寒の中でしか見られない美しさもありますし、その中で生きる野生の生き物たちも力強く美しいです。

厳しい寒さの中に生きる生き物たちの力強さ、そして煌めく美しさは冬の北海道ならではです。

この季節交通のマヒなど不安定な要素の為、北国へのご旅行を躊躇われる方もいらっしゃるかと思いますが、今の寒さの中でしか見られない美しい景色がありますので、是非冬の道東へいらしてみて下さい。(とはいえ、今年のこの気温の上下は・・・)